断然お得!安心!貸切バスの「楽バス屋」

車イス利用者が多い場合は「リフト付きバス」もあります!

条件が合えばかなりお得!格安バスの手配はお任せください。

いますぐ問合せ

ページトップ

リフト付き福祉バスについて

リフト付き福祉バス [写真提供:いすゞ自動車]

スロープや乗降用リフトなど、車いすに乗ったままバスに乗り込める工夫がされた、人にやさしいバスのことをさします。身体障がい者の方やご高齢者にも、安心してバスをご利用いただけます。

ただし福祉バスは手配できる台数が限られています。利用したい場合は早めに確認が必要となります。また一般的に、福祉バスにはトイレは付いていません。移動中はこまめな休憩を設定しましょう。

車いすのレンタルや、資格を持った介護ヘルパーが同乗してくれるサービスを行っているバス会社もありますが、基本的には介助者の同行が基本になります。介護知識と技術に長けたスタッフがバス旅行に同行してくれる派遣サービスも最近では増えてきました。こういったサービスを活用すれば、より安心して旅を楽しめますね。派遣サービスはバス料金とは別に実費となります。また、旅先の介護環境や必要な介護内容により料金が異なることがありますので、派遣会社にあらかじめ確認しておきましょう。

福祉バスの定義
大きさ 大型バスからマイクロバスまでさまざま
車いす座席 1台~5台が一般的
有料道路区分 バスの大きさによる
荷物の目安 バスの大きさによる

福祉バスにはどんな車両がある?

  • マイクロバス「いすゞ フレンドリージャーニー」[写真提供:いすゞ自動車]

    ■マイクロバス「いすゞ フレンドリージャーニー」

    広く開閉する観音扉で、乗り降りがラクラク。 車いすの方と一緒に介助者も乗り込める余裕のつくりです。車いすを床にしっかり固定できるため乗車中も安心。またドアの開閉に連動し、つかまりやすい位置に手すりが移動する可動式の手すりを装備するなど、細かい部分まで利用者のことを考えてつくられています。

  • 大型バス「いすゞ GALA(ガーラ)」[写真提供:いすゞ自動車]

    ■大型バス「いすゞ GALA(ガーラ)」

    車いす昇降用の中扉が設置された大型バス「ガーラ」。リフトが床下に収納できるため、省スペースを実現しています。フルフラットフロアで車いすの方もらくらく移動が可能。スライドシートを折りたたむと車いす用スペースをつくることができます。長距離移動の場合、通常の座席に移るとより負担なく移動時間を過ごせます。ゆとりある空間で快適な旅を楽しんでいただけるのは大型バスならではの魅力です。
    いすゞのリフト車両は都や市の循環バス等にも採用され、活躍しています。

こんな時も安心。福祉バスの利用シーン

  • 冠婚葬祭の送迎に[写真提供:あさみ観光]

    ○冠婚葬祭の送迎

    少し離れた場所での結婚式や法事。福祉バスを手配すれば足の不自由なご親族にも安心して参加いただけます。小回りがきくマイクロバスタイプなら、ご自宅前までの送迎も可能です。

  • リハビリ旅行

    ○バリアフリーでリハビリ旅行

    足腰が弱ってしまい、家にこもりがちになってしまったおじいちゃん、おばあちゃんを旅行やお墓参りに連れていきたい…そんなときも福祉バスを手配すれば安心です。環境が変われば気分転換になり、リハビリの効果も。楽しみの選択肢が広がります。

旅をあきらめない!
広がる「介護旅行」のトレンド

近年、障がい者の方やご高齢者、持病を持った方をターゲットにした介護、リハビリ旅行ツアーが増えています。ツアーは各旅行会社が企画するほか、観光地とタイアップして行われているものもあります。

足腰が弱っていたり持病があったりと身体に不安を抱えていると、どうしても遠出がしにくくなってきます。同行者に迷惑がかかるのでは、旅先で何かあったら…などと考えると、旅行には行きたいがなかなか出かけられない、という方が多くいるようです。
しかしこのようなツアーの場合、参加者がみな同様に身体に不安を抱えているため、気兼ねなく参加できます。もちろん目的地までの移動や現地での観光の際は、リフト付きなどの福祉バスが活躍しています。

思い出の地をもう一度訪れたい、一度行ってみたかったあの場所へ…など、広がる夢をあきらめずにかなえることができると、人気が高まっているようです。

多くの場合、介護スタッフが同行し移動中や旅先でのケアをしてくれるプランがありさらに安心です。
なかでも介護だけではなく旅についての知識をそなえた「トラベルヘルパー」と呼ばれるスタッフは非常に頼りになる存在です。

トラベルヘルパーは日本トラベルヘルパー(外出支援専門員)協会が認定する資格で、ホームヘルパーや介護福祉士など介護の資格とあわせて旅程管理主任者・旅行業務取り扱い管理者などの旅行系の資格も持っています。介護や看護の技術と旅の専門知識を備えているため、移動や宿泊地でのケア、旅のプランニングまでサポートしてくれます。季節や天候など、環境に合わせて臨機応変な対応ができる人材として、注目されています。

都市部ではバリアフリー化が進んでいるとはいえ、まだまだどこでも気軽に外出できるわけではありません。まして旅先では、思わぬトラブルも予測されます。ご家族の方だけでは心配な場合も、専門スタッフのサポートがあれば安心ですね。なおトラベルヘルパーの手配を行っているバス会社は限られていますので事前に確認してくださいね。

利用者もバス会社もみんなハッピー♪格安バスの手配はお任せください。いますぐ問合せ